2009年3月刊行

―既刊「総説 エポキシ樹脂」全4巻(03年11月)の続巻として、関連する
技術分野の最近の進歩を79名の専門家の方々からご寄稿を得て、集大成!ー

総説 エポキシ樹脂 最近の進歩 I

(刊行の趣旨)
  エポキシ樹脂技術協会は、関連技術分野の技術発展を積極的に支援することを業務にして、活発な活動を行ってきている。その一環として、5年前に「総説 エポキシ樹脂」全4巻を刊行した。この本は、エポキシ樹脂及びその応用技術を広範に網羅した最新のハンドブックとして大勢の研究者、技術者にご好評をいただ いている。
  既刊発刊から5年余、この間に新しいエポキシ樹脂・硬化剤が展開され、また硬化物の高機能化・新規硬化システムなどでも学術・研究面で多くの進歩、発展が なされている。また、エポキシ樹脂の優れた諸特性を生かして、電子・電気関連分野をはじめ接着、塗料、複合材料など幅広い応用分野でも新しい技術の開発が 展開されてきている。これらの最新の研究成果や新技術・新製品の進歩を一冊の技術書としてまとめ、発刊することはエポキシ樹脂関連技術の今後の発展に資す るところは極めて大であると考え、それぞれの分野において専門の研究者、技術者の方々に最新の技術進歩・発展を取り込んでご執筆いただいた。 
既刊全4巻とともに今後の技術開発・製品開発に非常に有益なものになると確信している。
是非、ご利用いただきたい。

購入受付中


定価 12,000円+税 いずれも送料は別途申し受けます。
会員特価 11,000円(税込)
アカデミー特価 会員特価に同じ
(教職員、公的機関研究者および学生)

「総説 エポキシ樹脂 最近の進歩i」編集委員
担 当
編集委員長 宮入 裕夫 第10,11章 東京医科歯科大学*
越智 光一 第1,2,3,4章 関西大学
小柳 敬夫 第1,2,3章 日本化薬
秋本 耕司 第1,2,3章 晦DEKA
原  一郎 第7章 関西医科大学*
大関 一男 第7章 ダウ・ケミカル日本
桑島 輝昭 第8章 日本ペイント
北野隆一郎 第5,9章 住友ベークライト
沼田 俊一 第9章 日立化成工業
垣内  弘 全般アドバイザー 横浜国立大学*
(*名誉教授)

第1章 エポキシ樹脂
1.1 多環芳香族エポキシ樹脂
1.1.1 ナフタレン型およびキサンテン型エポキシ樹脂 小椋一郎(DIC梶j
1.1.2 アントラセン系エポキシ樹脂 早川淳人(ジャパンエポキシレジン梶j
1.1.3 ポリフェノール系エポキシ樹脂 押見克彦(日本化薬梶j
1.2 脂環式エポキシ樹脂
1.2.1 水添型エポキシ樹脂 大沼吉信(ジャパンエポキシレジン梶j
1.3 その他新規エポキシ樹脂
1.3.1 リン含有エポキシ樹脂 石原一男(東都化成梶j
1.3.2 無機骨格を有するエポキシ樹脂:
    エポキシ変性ダブルデッカー型シルセスキオキサン
吉田一浩(チッソ石油化学梶j
1.3.3 メソゲン骨格エポキシ樹脂 原田美由紀(関西大学)
第2章 硬化剤・硬化触媒,硬化システム
2.1 硬化剤・硬化触媒
2.1.1 エポキシドの共重合にもとづく新規硬化反応 遠藤 剛,須藤 篤(近畿大学)
2.1.2 酸無水物系―核水添トリメリット酸無水物 小山剛司(三菱ガス化学梶j
2.1.3 潜在性カルボン酸硬化剤 石戸谷昌洋(日油梶j
2.1.4 光塩基発生剤とエポキシ樹脂への応用 市村國宏(東邦大学)
2.2 硬化システム
2.2.1 光硬化   近岡里行(晦DEKA)
2.2.2 連鎖硬化ポリマー     林 宣也(三菱重工業梶j
2.2.3 マイクロ波を活用したエポキシ樹脂材料の 硬化反応 田中賢治,山本和徳(日立化成工業梶j
第3章 機能化剤
3.1 フィラー
3.1.1 エポキシ用機能性フィラーの最新動向 永田員也(旭化成ケミカルズ梶j
3.1.2 カーボンナノチューブ 小池常夫(蒲L沢製作所)
3.2 エラストマー
3.2.1 ナノサイズシリコーン微粒子状改質剤 松本 誠(旭化成ワッカーシリコーン梶j
3.3 難燃剤
3.3.1 難燃剤の最新技術動向  西沢 仁(西沢技術研究所)
3.3.2 金属水酸化物;水酸化マグネシウム系難燃剤 川瀬厚哉(タテホ化学工業梶j
第4章 硬化物の物性 購入受付中
4.1 力学的機能
4.1.1 高強靭化       越智光一(関西大学)
4.1.2 低内部応力化 中村吉伸(大阪工業大学)
4.1.3 柔軟化と可撓化 小椋一郎(DIC梶j
4.2 熱的機能
4.2.1 高耐熱化  岸  肇(兵庫県立大学)
4.2.2 熱伝導性フィラー添加による高熱伝導化 上利泰幸((地独)大阪市立工業研究所)
4.2.3 構造制御による高熱伝導化 木村 亨(ポリマテック梶j
4.3 光学的機能
4.3.1 高屈折率有機―無機ハイブリッド材料 山田修平,吉永耕二(九州工業大学)
第5章 分析・評価
5.1 エポキシ樹脂に関わる最近の分析評価技術 山本隆久,飯田 浩(住ベリサーチ梶j
第6章 リサイクル・環境
6.1 エポキシ樹脂複合材料のリサイクル技術 柴田勝司(日立化成工業梶j
6.2 バイオマスの資源利用:
   エポキシ化油脂を用いた高性能複合材料
宇山 浩(大阪大学)
6.3 リワーク型光架橋・硬化樹脂 白井正充(大阪府立大学)
第7章 安全衛生・法規制
7.1 リスク評価に基づく最近の法規制動向
7.1.1 ビスフェノールA型液状エポキシ樹脂の
    有害性評価とその対応の総括
大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
7.1.2 法規制
1)GHSへの取り組み 中明賢二 (麻布大学)
2)REACH 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
7.2 有害性についての最近の知見(発がん性,変異原性に関して)
1)BADGEの発がん性 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
2)ビスフェノールA型液状エポキシ樹脂の変異原性と関連法規制 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
7.3 エポキシ樹脂分野における内分泌かく乱作用問題
1)ビスフェノールA 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
2)BADGE 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
3)その他 大関一男(ダウ・ケミカル日本梶j
7.4 労働安全・現場管理
7.4.1 酸無水物に関する最近の情報 圓藤陽子,小川真規(東京労災病院・産業中毒センター)
7.4.2 酸無水物の生物学的暴露評価の進歩 圓藤陽子,小川真規(東京労災病院・産業中毒センター)
第8章 塗料 購入受付中
8.1 塗料を取り巻く潮流 安藤研司(日本ペイント梶j
8.2 防食塗料
8.2.1 水性1液型変性エポキシ樹脂さび止め塗料 中村宏之(日本ペイント梶j
8.2.2 水系重防食用エポキシ樹脂塗料 草野昭二(晦DEKA)
8.2.3 無溶剤型重防食エポキシ樹脂塗料 永井昌憲(大日本塗料梶j
8.2.4 タールフリー型船舶用エポキシ樹脂塗料 宮地幸夫(中国塗料梶j
8.3 電着塗料
8.3.1 自動車用工程短縮カチオン電着塗料 住友靖夫,中塩雅昭
(デュポン神東・オートモティブ・システムズ梶j
8.3.2 高つきまわり型カチオン電着塗料 児島与志夫(日本ペイント梶j
8.3.3 省エネルギー低沈降型カチオン電着塗料 藤本 孝(日本ペイント梶j
8.3.4 電解活性型電着塗料
   (脱離物フリー型高絶縁・耐熱カチオン電着塗料)
坂本裕之(日本ペイント梶j
8.4 缶用塗料
8.4.1 最新環境対応缶内面塗料 猪股敬司(関西ペイント梶j
8.5 粉体塗料
8.5.1 自動車トップコートクリヤー用粉体塗料 川口大輔(日本ペイント梶j
第9章 電気・電子
9.1 重電機器への応用
9.1.1 ナノ粒子分散による電力機器用絶縁材料の高性能化 今井隆浩(鞄月ナ)
9.1.2 電気機器用エポキシ樹脂の非破壊寿命診断 竹澤由高(日立化成工業梶j
9.2 半導体集積回路への応用
9.2.1 チップ一括モールド方式向けの封止材 池田 雅之(住友ベークライト梶j
9.2.2 耐熱デバイス用封止材:
    車載向けやSICなどの高温デバイス向けについて
内田 健(京セラケミカル梶j
9.2.3ノンハロ難燃封止材:難燃剤レス封止材など 和田雅浩(住友ベークライト梶j
9.2.4 WLCSP用液状封止材 桑野敦司(日立化成工業梶j
9.2.5 ダイボンディングフィルムおよび
    ダイシング・ダイボンディング一体型フィルム
稲田禎一,松崎隆行(日立化成工業梶j
9.2.6 導電性接着剤 菅  武(藤倉化成梶j
9.2.7 異方導電フィルム 中澤 孝(日立化成工業梶j
9.3 プリント回路への応用
9.3.1 高周波向け低誘電率基板 藤原弘明(パナソニック電工梶j
9.3.2 ハロゲンフリー難燃基板材料 矢野正文(日立化成工業梶j
9.3.3 半導体実装用基板 小野塚偉師(住友ベークライト梶j
9.3.4 極薄プリント配線板用多層材料 田中正史(日立化成工業梶j
9.3.5 ビルドアップ用熱硬化性樹脂フィルム 中村茂雄(味の素梶j
9.4 オプトエレクトロニクスへの応用
9.4.1 LED用反射モールド樹脂 浦崎 直之,小谷 勇人,水谷 真人(日立化成工業梶j
9.4.2 エポキシ系光導波路 疋田  真(nttアドバンステクノロジ梶j
第10章 接着剤
10.1 湿気硬化1液型接着剤 鈴木堅大郎(コニシ梶j,遠藤 剛(近畿大学)
10.2 熱硬化型エポキシ樹脂系接着剤 山中啓造(住友スリーエム梶j
10.3 解体性接着 佐藤千明(東京工業大学)
10.4 高信頼性接着設計のための基本条件と耐久性評価方法 原賀康介(三菱電機梶j
第11章 複合材
11.1 知能材料(自己修復材料) 宮入裕夫(東京医科歯科大学)
11.2 現場重合型熱可塑エポキシ樹脂とそれを用いた複合材料 西田裕文(ナガセケムテックス梶j
11.3 エポキシ系ナノコンポジットの力学的特性 足立忠晴(東京工業大学)
11.4 アラミド系繊維複合材料における界面の接着性 幾田信生(湘南工科大学)
11.5 引抜成形によるエポキシ樹脂系高強度GFRP 長谷川喜一((地独)大阪市立工業研究所)
索引 購入受付中