本書の内容と刊行の経緯:
 本書は米国プラスチック工業協会(SPI: The Society of the Plastics Industry.)が1984年に刊行した「The Epoxy Resin Formulators Training Manual」を同協会から翻訳・出版のライセンスを得て、当協会がその邦訳版を「エポキシ樹脂応用技術の基礎」の書名で1990年に刊行したものです。
 
本書の意図するところは、下記のものです。(原書の序文訳より抜粋)
―― エポキシ樹脂についての技術情報源は、現在、供給業者の提供する説明書と高度に複雑な技術書に限られており、前者は業者自体の製品を強調し、後者はその技術的本質から、初心者の要望に合致するものではない。 本書は、現在発行されている特定の目的のための技術書と供給業者の提供する製品説明書との間の空隙に橋を渡すために、編集を進めてきたものである。 本書は、読者が高校程度の化学知識を有しているものと仮定して、入門書あるいは手引書となることを企図したものである。 本書は、実際に作業する新入作業員のみならず販売や営業活動に従事する人達にとっても、貴重な研修の手助けとなり、また情報参考書として役立つものと信ずる。 

復刻版発刊の経緯
刊行後、年月を経ているとは言え、エポキシ樹脂取り扱いの基本的な技術に関する記述を中心に編集されており、現時点でも上記刊行の意図に沿った意義は何ら損なわれていないとの判断のもと、エポキシ樹脂に携わる方々に何らかのお役にたてればとの思いで、このたび復刻版の刊行に至ったものです。

復刻版の体裁
B5判、本文全306頁。ソフトカバー、テープ綴。

価格     7,000円+消費税(送料当方負担) 購入受付中(ネット注文)  

エポキシ樹脂応用技術の基礎(日本語版)総目次
1、緒論−−−−−−−−−−−−−−−− 1
2、エポキシ樹脂を安全に使用すること−−−− 6
3、エポキシ樹脂の選沢−−−−−−−−−− 9
4、硬化剤の選択−−−−−−−−−−−− 38
5、用途に対する充填剤の選択−−−−−−− 54
6、添加剤及び希釈剤−−−−−−−−−−− 63
7、電気的特性−−−−−−−−−−−−−− 77
8、機械的特性−−−−−−−−−−−−−− 87
9、レオロジー−−−−−−−−−−−−−−− 93
10、埋め込み処理−−−−−−−−−−−− 99
11、エポキシ樹脂接着剤−−−−−−−−−− 114
12、積層及び強化複合材料−−−−−−−− 122
13、エポキシ樹脂ハイソリッド塗料−−−−−− 132
14、建設用エポキシ樹脂−−−−−−−−−− 150
15、エポキシ樹脂による治工具製作−−−− 159
16、自動定量混合器−−−−−−−−−−−− 238
参考事典(英文)−−−−−−−−−−−−−− 245
安全性資料(英文)−−−−−−−−−−−−− 300
索引−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 301

購入受付中(ネット注文)