Since May.2001 Renewal Jan.2006 Jan.2016

HOME 協会概要 イベント情報 協会出版物 安全性情報 技術資料検索 エポキシO&A

エポキシ樹脂技術協会の概要

設立目的:エポキシ樹脂工業一般に関する技術の進歩、普及ならびに産業の発展に資する。(定款第2条)
設  立:1973年(昭和48年)9月12日
所在地 :〒162-0842 東京都新宿区市ヶ谷砂土原町1-2 タイホービル102号(協会事務局)
役員・会員等(2015年12月現在)           
会 長:宮入裕夫 (東京医科歯科大学名誉教授)
副会長:高橋昭雄(横浜国立大学 客員教授)  
     
会員                 
特別会員(個人):24名 会員名簿
通常(法人)会員
特別維持会員:6社
維持会員  :12社
正会員   :43社
事務局長  :高橋 泰


活動概要

(会長)-(理事会)-(常任理事会)のもとに(事務局)(試験規格委員会)(研究委員会)(安全性委員会)を設置し、下記活動を行う。

(研究委員会)
*エポキシ樹脂に係わる技術の紹介・啓蒙
 月1回(年間8回程度)特別講演会を開催(定例行事)
 年1回(通例7月)東京・大阪にて「公開技術講座」を開催(定例行事)
 業界、技術関連見学会の開催、技術情報の収集等
(試験規格委員会)
*エポキシ樹脂の規格化・分析評価方法の標準化
 ISO規格化の推進(当協会の活動が世界をリード)
 JIS規格化の推進
 エポキシ樹脂・硬化物に係わる試験方法の検討
(安全性委員会)
*エポキシ樹脂・硬化剤の安全性・安全な取り扱いの啓蒙
 取り扱い手引き書の刊行
 安全性に関する内外文献の要約集の刊行
 その他安全性に関する情報収集等と広報
(事務局)
*上記理事会・委員会業務の調整と会員へのサービス業務
 会員へのJdream情報検索結果の配布サービス
 イベント情報の開催と実施およびHP管理
 刊行物の頒布業務およびイベント情報情報の要約

技術資料検索に公開されています。
技術資料検索

これまでに当協会が担当し、発行されたISO規格およびJIS規格のリスト

平成24年までに開催した安全性特別委員会のリスト(技術資料検索)にも含まれています。


活動報告

活動状況

第43期事業報告(平成27年9月~平成28年8月)2017/8/11掲載
(総括)
今期は平成28年3月のエポキシ樹脂工業会解散に伴い、その技術安全委員会の業務を引き継ぐことになった。そこで協会の安全衛生委員会に技術委員会の業務を取り込み、運営を開始した。これに関連して、協会のHPの大幅な改定を実施した。また「新・エポキシ樹脂・硬化剤 正しい取り扱いの手引き」新改訂版を刊行した。

1.1 研究委員会
特別講演会、および公開技術講座を開催した。
(1)特別講演会:斯界の学識者・研究者を招聘し、最新の業績を紹介頂いた。計6回開催。
(2)公開技術講座:第40回を大阪、東京でそれぞれ開催。 参加者は両会場で計185名、前回比12名増であった。今回は大阪会場として大阪市立工業研究所、東京会場としてDIC株式会社 東京本社で開催した。
(3)基礎講座:今期は開催しなかったが、次回開催に向けて議論を進めた。

1.2試験規格委員会
今期も、ISO及び JISの規格化を積極的に推進した。
ISO関連では、新規提案のプロジェクトを推進した。昨年10月に開催された第64回ISO/TC61年次大会(デリー、インド)に2名の委員が参加、上記案件の推進を行った。
JISでは関連規格の定期見直しを行った。

1.3 安全性委員会
委員長大前和幸先生、副委員長中明賢二先生のもと、エポキシ樹脂工業会技術安全委員会の業務を協会の安全性委員会に取り込んだ形で運営を開始するとともに、シンポジウム形式の安全性特別講演会開催を1回行い、委員会の場を中心に関連情報の交換を積極的に行なった。
また、前期より着手した「新・エポキシ樹脂・硬化剤 正しい取扱いの手引」の改訂作業を終了し、平成27年11月に新改訂版として刊行した。

第42期事業報告(平成26年9月~平成27年8月)2015/12/8掲載
(総括)
協会運営は横浜国立大学の高橋昭雄先生を迎えた新体制で42期を終了し、43期を迎えた。また本年1月には前会長:垣内弘特別顧問、5月には元安全性委員会委員長:原一郎顧問が相次いでご逝去された。両先生のご尽力に感謝し、冥福をお祈りいたします。
1.1 研究委員会
特別講演会、公開技術講座を開催した。
(1)特別講演会:斯界の学識者・研究者を招聘し、最新の業績を紹介頂いた。計8回開催。
(2)公開技術講座:第38回を大阪、東京でそれぞれ開催。 参加者は両会場で計173名、前回比18名減であった。今回は大阪会場として大阪市立工業研究所、東京会場として東工大蔵前会館で開催した。
(3)基礎講座:今期は大阪にて開催した。

1.2 試験規格委員会
今期も、ISO及び JISの規格化を積極的に推進した。
ISO関連では、新規提案のプロジェクトを推進した。昨年9月に開催された第63回ISO/TC61年次大会(ホノルル、米国)に1名の委員が参加、上記案件の推進をおこなった。JISでは関連規格の定期見直しと新規JISの作成を行った。

1.3 安全性委員会
委員長武林亨先生から慶應義塾大学の大前和幸先生に交替された。大前先生のもと、「新・エポキシ樹脂・硬化剤 正しい取扱いの手引」の改訂に着手した。またシンポジウム形式の安全性特別講演会を1回開催するとともに、委員会の場を中心に関連情報の交換を積極的に行なった。

1.4 新規事項他
エポキシ樹脂工業会よりの業務移管についての検討を開始した。

過去の活動状況はこちら

 


入会案内

入会のご案内

(会員の資格)エポキシ樹脂工業に関係のある「法人」
(入会の条件)入会申込書を提出し、理事会の承認を得たのち、入会金および年会費を納入する。
(会員の特典)
1)協会からのエポキシ樹脂に関する技術情報・資料の入手 Jdream
2)会員のための特別講演会への無料参加(年10回程度)
3)研究委員会、試験規格委員会、安全性委員会等、協会活動への参画
4)公開技術講座(年1回東京・大阪)への無料および割引参加

詳しくは事務局にお問い合わせください。