Since May.2001 Renewal Jan.2006 Jan.2016

HOME 協会概要 イベント情報 協会出版物 安全性情報 技術資料検索 エポキシO&A

第45期: 第2回特別講演会  2017年10月2日発信  
日  時: 2017年11月21日(火)14時から16時30分まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: 電気電子用途向けエポキシ樹脂系接着剤の新規開発動向
講演概要: 電気電子用途など工業向けエポキシ樹脂系接着剤について、主にセメダイン株式会社を中心とした最近の開発状況、その特徴と性能について講演頂く。
講 師 : セメダイン株式会社 開発部 研究第三グループ  吉川 聡氏
聴講料: 会 員 : 無料。
非会員: 1名10,000円
(税込。講演要旨冊子代を含む)
協会事務局( epoxygk@nifty.com )へ e-mailにて申し込みください。
聴講者数に制限がありますので,参加の可否について、折り返しe-mail致します。
(FAX申込用pdfはこちら)


アクセス イベント情報 技術資料検索 HOME

第45期: 第1回特別講演会  2017年 月 日発信  
日  時: 2017年9月25日(月)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: CF/エポキシ系複合材料の開発と市場動向
講演概要: CF/エポキシ系複合材料の最近の技術開発動向と用途開発動向などについて述べる。
講 師 : 安田ポリマーリサーチ研究所 所長         安田 武夫氏

第41回 公開技術講座 「エポキシ樹脂および関連技術の最近の進歩」 2日間
 全12講座 詳細プログラムはこちら 
   今期は終了しました。
大阪会場 平成29年7月27日(木)28日(金) 会場:大阪産業技術研究所 大講堂 
東京会場  平成28年8月1日(火)2日(水) 会場:DIC株式会社 本社 大会議室
 聴講申込  聴講料:非会員:35,000¥ 会員:18,000¥ 


第44期: 安全性特別講演会  2017年6月7日発信  
日  時: 2017年6月30日(金)14時から16時30分まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演Ⅰ: 化学物質の経皮ばく露からの防護
要旨:
14:00~15:00
(近年、オルトートルイジンの経皮ばく露による膀胱がん発症がおき、ばく露防護として化学防護手袋や服の使用が注目されている。今回これらの保護具の適正使用について解説する。)
講 師 : 十文字学園女子大学大学院 人間生活学研究科教授  保健学博士 田中 茂氏
講演Ⅱ: 産業化学物質の発がん性評価について
要旨:
15:10~16:10
(近年、オフセット印刷作業者の胆管癌(1.2-ジクロロプロパン)や、染料中間体作業者の膀胱癌(オルトトルイジン)など発がん性評価をめぐる問題も多い。今回は、わが国で使用されている産業化学物質の発がん性分類見直しの経過について、およびエポキシ樹脂関連物質の発がん性評価についても紹介する。)
講 師 : 昭和大学医学部 衛生学公衆衛生学講座 衛生学部門教授 医学博士 山野 優子氏

第44期: 第6回特別講演会  2017年5月9日発信  
日  時: 2017年6月1日(木)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: マルチマテリアルに対応した自動車用構造接着剤の開発
講演概要: 車体の軽量化を実現するために適材適所にいろいろな材料を使用するマルチマテリアルという手法が取り入れられてきている。本講では、それに対応した、マトリックス材料と構造接着剤について紹介する。
講 師 : ナガセケムテックス株式会社 電気構造材料部:CSチーム 野村 和弘 氏

第44期: 第5回特別講演会  2017年4月4日発信  
日  時: 2017年4月26日(水)14時から16時まで
場  所: 大阪市立工業研究所 小講堂 (案内図はこちら)電話 06-6963-8011)
(プログラム)
講演題名: エポキシ樹脂の反応機構
講演概要: エポキシ樹脂のさまざまな硬化反応の基盤となる反応機構について解説する。
講 師 : 近畿大学   理工学部応用化学科  教授 工学博士  須藤 篤 氏

第44期: 第4回特別講演会  2017年2月22日発信  
日  時: 2017年3月30日(木)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: エポキシ樹脂の高機能化と応用展開
講演概要: エポキシ樹脂に関する高機能化やその応用について、株式会社ADEKAにおける開発事例を交えて紹介いただきます。
講 師 : 株式会社ADEKA 研究開発本部
機能高分子開発研究所
 主任研究員  小川 亮 氏

第44期: 第3回特別講演会  2016年12月10日発信  
日  時: 2017年1月23日(月)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: 自動車ラインで使用される接着剤
講演概要: 近年の軽量化、高機能化、付加価値の付与、環境対応の課題に基づく自動車ライン用接着剤の技術、材料、評価などの概略についてご講演いただきます。
講 師 : 接着コンサルタント (元 セメダイン株式会社) 相澤 幸彦 氏


第44期: 第2回特別講演会  2016年10月23日発信  
日  時: 2016年11月22日(火)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷 真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: 実装材料向け機能性樹脂の開発動向
講演概要: 実装材料向け機能性樹脂の開発動向について三菱ガス化学株式会社における研究事例も交えながらご講演いただきます。
講 師 : 三菱ガス化学株式会社 新規事業開発部新規事業研究センター 主査 工学博士 大野 大典 氏


第44期: 第1回特別講演会  2016年8月29日発信  
日  時: 2016年9月27日(火)14時から16時まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講演題名: 次世代車における高分子材への期待 
講演概要: 自動車の電動化は重量増加につながりやすく軽量化が今以上に求められ、CFRPを中心に高分子材料への期待は大きいといわれている。本講演では、次世代車の電動化が進む中で、高分子材料への期待はどこにあるかを解説いただきます。
講 師 : 大庭塾 (元日産自動車株式会社) 代表   大庭 敏之 氏



   第43期(2016年)イベント情報  過去のイベント開催情報はこちら
第40回 公開技術講座 「エポキシ樹脂の高機能化技術を探る」 詳細プログラムはこちら
大阪会場 平成28年7月28日(木)29日(金) 会場:大阪市立工業研究所 大講堂 
東京会場  平成28年8月4日(木)5日(金) 会場:DIC株式会社 本社 大会議室
 聴講申込  聴講料:非会員:35,000¥ 会員:18,000¥ 申し込み終了

第43期: 安全衛生特別講演会  2016年5月26日発信  
日  時: 2016年6月30日(木)14時から16時30分まで 
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
講 演1: ビスフェノールAの欧米での規制動向     14:00~15:00
要 旨: 欧米での最近のビスフェノールAの規制状況について、毒性担当者からの視点で説明する。
講 師 : BPA安全性研究会 上級顧問   西川 洋三 氏
   (コーヒーブレーク)  15:00~15:10
 講 演2: 生殖毒性の評価法     15:10~ 16:10
 要 旨: 産業化学物質の有害性における生殖毒性について、基礎的な理解と認識から、適切な評価法に至るまでを解説する。 
 講 師 :  (独立行政法人)労働者健康安全機構 日本バイオアッセイ研究センター 
         試験管理部 技術専門役  医学博士 奥田 裕計 氏
前期のイベント情報 過去のイベント開催情報はこちら
第43期: 第1回特別講演会  2015年8月20日発信
日  時: 2015年9月28日(月)14時から16時30分まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
演 題: 量子力学によるエポキシ樹脂の接着理論
講演概要: 金属やガラスとエポキシ樹脂との界面に働く接着エネルギーと接着力について量子力学的考察を行い、クーロン力、ファンデルワールス力、電荷移動力、交換斥力などの寄与について考察した研究成果をご紹介いただきます。
講 師 : 九州大学 先導物質化学研究所
大学院工学府物質創造工学専攻
 教授 工学博士 吉澤 一成 氏

第43期: 第2回特別講演会  2015年10月2日発信
日  時: 2015年10月26日(月)14時から16時30分まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
演 題: 酸化物ナノ粒子を硬化剤とする透明高屈折率エポキシ樹脂硬化物
講演概要: 脂環式エポキシ樹脂は遷移金属酸化物ナノ粒子を触媒として硬化可能で、この硬化系にジルコニアナノ粒子充填材を共存させ、得られる屈折率1.75程度の透明エポキシ樹脂についてご講演いただきます。
講 師 : 関西大学 化学生命工学部 名誉教授 工学博士 越智 光一 氏

第43期: 第3回特別講演会  2015年11月1日発信
日  時: 2015年11月26日(木)14時から16時30分まで
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷翡翠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
演 題: 改質剤ポリマーのin situ生成を利用した熱硬化性樹脂の強靭化
講演概要: 改質剤ポリマーをモノマーの状態で熱硬化性樹脂に添加し、樹脂の硬化と並行して改質剤モノマーのラジカル重合を行うことにより硬化物の強靭化を達成する、「in situ重合法」についてご講演いただきます。
講 師 : 横浜国立大学 大学院工学研究院 教授  工学博士 大山 俊幸 氏

第43期: 第4回特別講演会  2016年2月8日発信
日  時: 2016年2月25日(木)14時から16時30分まで 
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
演 題: 新規エポキシ樹脂硬化システムの開発とブドウの房状ポリマー(Botryosin)の合成と特性に関する研究
講演概要: 本講演では、ビスエポキシドとε-カプロラクタムあるいはカリックスアレーンの反応により得られる特殊構造化合物について解説いただきます。
講 師 : 関西大学 化学生命工学部 准教授 工学博士 工藤 宏人 氏

第43期: 第5回特別講演会  2016年3月3日発信
日  時: 2016年3月31日(木)14時から16時30分まで 
場  所: ホテル グランドヒル市ヶ谷真珠の間 (案内図はこちら)
(プログラム)
演 題: ポリマーアロイによるエポキシ樹脂高機能化
講演概要: エポキシポリマーアロイはこれまで強靭化手法として研究されてきた。本講演では、強靭化手法としてのポリマーアロイのみでなく、導電性、熱伝導性、めっき膜密着性という機能性付与技術について述べる。
講 師 : 兵庫県立大学  大学院 工学研究科 教授 工学博士   岸 肇 氏

第43期: 第6回特別講演会  2016年5月6日発信  (初めての大阪地区開催となります。)
日  時: 2016年5月19日(木)14時から16時30分まで 
場  所: 大阪市立工業研究所 小講堂 (案内図はこちら) (電話 06-6963-8011)
(プログラム)
演 題: エポキシ樹脂の酸・アルカリ環境下における耐久性
講演概要: エポキシ樹脂は耐薬品性にも優れ、酸やアルカリを扱う機器や設備のライニングやコーティングとして用いられる。これら環境下における加水分解性を中心とした耐久性について述べる。
講 師 : 東京工業大学 物質理工学院 教授 工学博士   久保内 昌敏 氏